総量規制による借り入れ制限

カードローンの利用をする場合は総量規制の適用について気を付ける必要があり、これはお金を借りる場合に収入から起算して年収の3分の1を超える借り入れをすることができないという法律になります。

そのため、収入をたくさん得ている人は借りることができる金額が多くなる一方で、収入が少ない人は借り入れがあまりできないのですが、借りたい金額の借り入れが出来ない可能性が総量規制のせいであるというわけです。

しかし、こうした法律ができた背景にはカードローンやキャッシングなどを利用する人の中に返済不能の状態になってしまう人が増えたことなども理由としてあり、こうした状態にならないようにするために総量規制が施行されることになります。

総量規制は賃金業者に対して適用される法律になるので年収の3分の1を超えて借り入れをすることができないことが法律によって制限されるのは消費者金融や信販会社になり銀行の場合は適用されることがありません。

そのため、収入が少ない場合にカードローンでまとまった借り入れがしたいという場合は銀行が提供しているローンサービスがおすすめになりますが、もともと審査が厳しめになっていることから必ずしも借り入れが出来るとは限りません。

事前に借り入れの条件などをきちんと調べておく必要があり、また借りたお金に対してどれくらいの金利が必要になってくるのかということもあわせて考える必要性があるので注意して借り入れをするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です